「いじめかも?」と思ったら、ひとりで悩まず相談を
ピックアップ

「いじめかも?」と思ったら、ひとりで悩まず相談を

夏休みが終わって新学期が始まりましたが、お子さんの様子はいかがですか?学校の長い休みの後、子供の友達づきあいの範囲や様子が変わることがあります。そしてもし、「いじめをされているかも?」「いじめをしているかも?」と思ったら、ひとりで悩まず、すぐにご相談を。

いじめの内容はケースによって様々。しかも適切に対応するには、「本人だけ」「家族だけ」「学校だけ」など、当事者だけでは難しいことが少なくありません。様々な相談窓口がありますので、一人で悩まず、まずご相談を!

いじめを「しない」「させない」「見逃さない」!ここにもあります、相談窓口
・文部科学省/24時間いじめ相談ダイヤル
フリーダイヤル 0570-0-78310(なやみ言おう)
全国どこからでも、教育委員会の相談機関につながり、子ども自身のほか、保護者などからの相談にも応じます。

・法務省/子どもの人権110番
フリーダイヤル 0120-007-110(ぜろぜろななのひゃくとおばん)
(受付時間 平日 8:30~17:15 ※土曜・日曜・休日を除く)
お近くの法務局・地方法務局につながり、担当者が相談に応じます。
 
・インターネット人権相談受付窓口(24時間受付)
【パソコンはこちらから】URL: http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken113.html
【携帯電話はこちらから】URL: https://www.jinken.go.jp/soudan/mobile/001.html
メールに悩みごとを書いて相談すると、担当者がメールや電話で相談に応じます。

・警察の少年相談窓口
都道府県ごとの相談窓口はこちらから
URL:http://www.npa.go.jp/higaisya/shien/torikumi/madoguchi.htm

<関連リンク>
政府広報オンライン/お役立ち情報
URL:http://www.gov-onpne.go.jp/useful/article/201505/2.html
政府広報オンライン/特集 「気づいてますか、いじめのサイン」
URL:http://www.gov-onpne.go.jp/tokusyu/ijime/

いじめのサインを見逃さないために
いじめを受けている子どもには、無口になったり、学校に行きたがらなくなったりするなど、日常生活の様々な場面で何らかのサインが現れるものです。そうしたサインに気づき、いじめを早期発見するために、以下の「いじめのサイン発見シート」を活用し、子どもの態度に変化がないか注意深く見守りましょう。

<チェック項目の確認、シートのダウンロードはこちらから>
URL:http://www.gov-onpne.go.jp/tokusyu/ijime/sheet.html

「政府広報オンライン」~国の行政情報に関するポータルサイト
内閣府政府広報室では、ポータルサイト「政府広報オンライン」や各種ソーシャルメディアを活用して、さまざまな国の取組のなかから、“毎日の暮らしに役立つ情報”や“重要な施策の広報キャンペーン”などを日々ご紹介しています。ぜひご覧下さい。

▼『政府広報オンライン』トップページ
http://www.gov-onpne.go.jp/index.html 

▼『政府広報オンライン』ソーシャルメディア公式アカウント
Facebook : http://www.facebook.com/gov.onpne
Twitter : https://twitter.com/gov_onpne

政府広報アプリと電子書籍
政府広報オンラインでは、スマートフォンやタブレット端末向けに「政府広報アプリ」と、そのアプリで読める電子書籍を無料で提供しています。電子書籍では、政府広報オンラインのコンテンツから、防災・減災など、暮らしにかかわりの深いものや生活に役立つ記事・動画などをピックアップして公開していきます。アプリと電子書籍のダウンロードはこちらから。

▼政府広報アプリ
http://www.gov-onpne.go.jp/pr/media/app/index.html

本件に関するお問合せ
内閣府政府広報室 03-3581-7026(直通)