子どもたちを“もっともっと健康に”『きのこ体操』デビュー!
ピックアップ

子どもたちを“もっともっと健康に”『きのこ体操』デビュー!

きのこのホクトが、子どもたちの元気で健康な発育のために『きのこ体操』を日本女子体育大学と共同開発!

きのこの生産・販売を行うホクト株式会社は、子どもたちの健康のために、幼児期に取り入れたい運動の基礎となる要素や、丈夫でしなやかな体つくりのための要素が組み込まれた『きのこ体操』を日本女子体育大学と共同開発しました。

ホクトでは、2011年の東日本大震災を期に“子どもたちの笑顔が夢を育み、未来を明るくする”…という想いのもと『きのこ音頭』を制作し、普及のため全国の幼稚園・保育園を回るキャラバンを行ってまいりました。4年間でのべ21,886名の子どもたちと一緒にきのこ音頭を踊り、食育講座で食の大切さを学んだり、きのこのもぎとり体験してまいりました。5年目を迎えた今年、子どもたちの「笑顔」のためだけでなく、より子どもたちの発育のためになるものに…と考え、「元気(健康)を、もっともっと」をテーマに振り付けを全面リニューアル、『きのこ体操』としてパワーアップさせました。

『きのこ体操』は、日本女子体育大学スポーツ健康学科の健康運動学(体操)専門の笹本重子教授によって構成され、幼児体育が専門である森田陽子准教授の協力のもと作られました。初級・中級・上級の3種類があり、子どもたちのリズム遊びや体遊びなどの延長として、覚えやすいように構成されています。きっと体操の面白さを存分に感じていただけるはずです。そして『きのこ体操』を通して、日本全国の子どもたちに笑顔と元気をお届けしてまいります!

来春には「きのこ体操キャラバン」も全国47都道府県にて実施する予定です。詳しくはホクトのホームページ“キャンペーン&イベント情報”内(順次公開予定)をご覧ください。ホームページURL → http://www.hokto-kinoko.co.jp/campaign/kinoko-taisou/